オメガのオーバーホールとは初心者でも分かりやすくお伝えします

オメガは、世界でも有数の高級時計ブランドです。1848年にスイスで創業されてから、あっという間にスイスの大手時計メーカーとしての地位を築きました。1894年に伝説となった高性能ムーブメントが発表され、オメガの名は世界中に知れ渡ることになります。日本でも昔から人気が高く、現在でも根強いファンがいます。ムーブメントに使われている部品は100以上あり、クロノグラフ機能があるとさらに増えます。部品には潤滑油がさしてありますが、油で汚れてしまったり、乾いてしまったりするため、定期的にオーバーホールをすることが大事です。そうしないと、油切れで歯車などの部品が摩耗してしまうのです。大切な時計のコンディションを長く保つためには、メンテナンスが必要です。

専任の技術者がいると安心して任せることができます

高級ブランド時計のオーバーホールは、専任の技術者が行います。オーバーホールは、ムーブメントを分解し、洗浄して注油を行います。経験を積んだ技術者が、しっかりとメンテナンスを行います。内部の潤滑油が悪い状態になると、パーツの消耗や作動不良などが起こることがあるので注意が必要です。長く時計を使っていると、外装の傷が気になることがあります。そのような場合は、新品仕上げをすると、本来の輝きを取り戻すことが可能です。見積もりは、無料のところが多いです。まずは、ダイヤル、針を取り外し、ムーブメントの歯車やねじなどパーツを分解していきます。パーツはバスケットに入れて、超音波洗浄機によって汚れを徹底的に落とします。その後、洗浄して汚れが取れているかを、ルーペで確認していきます。

丁寧なメンテナンスによって長く使う

オーバーホールでの部品交換は、オメガ専任の技術者が判断して行います。交換が必要な部品は、オメガ純正部品だけが使われます。専任の技術者は、専用の潤滑油を使い、パーツを組み、摩耗を最小限にしてコンディションを維持していきます。精度のコントロールは、クロノグラフ部分を組み立てる前に行います。新品仕上げは、サービス価格で行ってくれる業者が多いため、喜ばれています。パッキンが劣化している場合は、ダイヤルやケースの組み立てを行う時にパッキンを交換します。防水検査は、特別な機械を使って行います。パワーリザーブと呼ばれる持続時間のチェックを行い、自動巻き機能がスムーズに作動できるか試します。最後に、精度の確認を行って外装をチェックし、基準を満たしていれば完了となります。

腕時計修理の専門のお店です。技術者それぞれが作業を担当し新品同様に仕上げます! ROLEXやOMEGAなど各ブランドの時計を実際に修理し手掛けた事例を価格と共にご紹介しています。 安心して依頼をして頂けるよう、最初の掃除から防水テストの様子や仕上げまでの流れを掲載しています。電池の交換からオーバーホールまで大切な時計を実績ある技術者たちの手で蘇らせます! オメガのオーバーホールは信頼と実績の【CIEN(シエン)】へ