長くオメガを使うためにするオーバーホールのタイミングを伝授

日本では、昔から高級ブランドの時計が人気を集めています。特に評価が高いのが、スイスの高級ブランド時計のオメガです。男性にも女性にも愛されているオメガは、1848年に誕生してから多くの時計ファンを魅了してきました。懐中時計から始まり、1880年にはキャリバーを使った懐中時計を発表してヨーロッパ市場で成功しています。その後、多きく発展し、スイス最大の高級時計メーカーへと成長したのです。オリンピックの歴史的な瞬間を記録してきた時計としても有名です。特に有名なシリーズが、スピードマスターとシーマスターです。シーマスターは、ダイバー用の時計で、ファーストモデルは3年間だけの生産なので、希少価値が高いのです。シーマスターはハリウッドの人気映画にも使われており、世界中で根強い人気を誇っています。貴重な時計を手に入れた場合は、オーバーホールがとても重要です。

大切な時計はしっかりとメンテナンスをする

車を持っている人は、定期的にメンテナンスを行って、良い状態を保とうと努力しています。時計も車と同様に定期的なメンテナンスが必要となります。機械式の時計は、部品の間の油が劣化して酸化してしまうために、3年から4年くらいで油が切れてしまいます。油切れの状態で時計を使うと、パーツの摩耗が起こり、時計の寿命が縮んでしまうことがあるので注意が必要なのです。オーバーホールを行うことで、パーツの摩耗を防いで良い状態を保つことが可能となるのです。高級時計の修理専門店に持って行くと、専門の技術者が丁寧に掃除を行い、購入当時のようにきれいに仕上げてくれます。まずは時計を分解して、洗浄します。分解したパーツを洗浄することで、とてもきれいな状態になります。特殊な洗浄器で、パーツに付着した細かい汚れを落としていきます。

高い品質をずっと維持していくために

組み立ては、ベテランの職人が丁寧に組み立てていきます。オイルは、厳密に適量を注ぐ必要があります。オイルが少ないと、時計の寿命にも影響するので、非常に繊細な神経を使って作業が行われます。時計に使うオイルの量を知っているのは、限られた技術者だけなのです。最終的に、誤差がないように調整していきます。機械式時計の精度を追求するには、繊細な技術が必要となります。ただ、顧客の使用状況によって、多少の遅れなどが発生することもあります。高級時計を修理する専門店では、新品仕上げというものがあります。オメガのようにとても有名な高級時計を扱っている修理専門店においてオーバーホールを行っている技術者は、時計を美しく仕上げる技術を持っています。ですから、他の時計技師とはクオリティーに差が出てくるのです。