オメガのオーバーホールのタイミングはこんなパターン

日本では、多くの高級ブランド時計が販売されています。その中で、トップクラスの人気を誇っているのがオメガです。1848年に創業されてから、スイスの代表的な時計ブランドとして、世界中で愛されてきました。最初は小さな時計工房でしたが、1880年には工場を作って本格的な時計メーカーになり、スイスでも最大手の時計メーカーへと発展したのです。20世紀前半は、オリンピックの公式時計として有名になり、精密時計としてのブランド力を上げていきます。その後、現在でも傑作として語り継がれているシーマスターやスピードマスターが開発されています。シーマスターは、1957年に誕生したダイバー用ウォッチの傑作です。いくつもモデルがあり、日本ではコレクションしている人も少なくありません。シーマスターを手に入れた人は、オーバーホールを怠りません。

定期的にメンテナンスを行うことが大事

オメガのように品質の高い高級時計を手に入れた場合、オーバーホールも重要になってきます。機械式時計を分解して、部品の洗浄を行い、新しいオイルを入れて組み立てます。そうすることで、精度を保つわけです。時計は、様々なパーツによって構成されています。パーツがスムーズに作動するようにオイルがさしてあるのですが、オイルは月日が経つと汚れて劣化するのです。オイルが劣化したままで時計を使い続けると、精度が狂ったり、パーツが摩耗して故障を引き起こすこともあります。ですから、そうならないように定期的にメンテナンスを行ことが重要なのです。時計というのは、もともとメンテナンスをするように作られているので、動かなくなる前にメンテナンスを行うことが大事です。時計が動かなくなってしまってから修理などを行うと、経済的な負担が大きくなるケースもあります。

高級時計は丁寧なメンテナンスが必要

オメガのように世界的に知られている高級時計は、専門に修理する技術者がいます。オーバーホールを行うタイミングは、平均して3年から4年に1度くらいです。使用状況によっては、もっと早くメンテナンスを行うケースもあります。専門店では、持ち込まれた時計を点検して、内部の機能と精度をチェックします。その後、時計を分解して洗浄機器に入れ、専用の薬品を使って汚れを取り除いていきます。部品をきれいに洗浄した後は、適切な量のオイルをさします。注油は、オーバーホールの重要な部分で、作業には高い技術と経験が必要となります。ムーブメントを組み上げて様々な調整をして、文字盤や針をつけてケースに組み込んで最終的な微調整を行っていきます。その後、精度テストや巻き上げテスト、防水テストなどを行い、顧客に返却します。